歯科衛生士の辞めたい理由|仕事をすぐ辞めるべきかの判断基準

 



現在勤務中の歯科衛生士の約30%が『 すぐにでも辞めたい!』と悩みながら働いている転職予備軍と言われております。この数字を多いと見るか、少ないと見るかは意見が分かれるところですが、すぐ辞めて転職をしたからといって、必ずしも幸せになれる訳ではありません。


今の状況を冷静に判断して、【どう辞めるのか = 退社戦略】を練った上で退職に踏み切るだけで、転職後に幸せになれる確率は飛躍的上がります。



これまで約7000名の歯科衛生士から受けた【職場の悩み相談】をベースに、状況別の対応策や円満退職するためのパーフェクトプランまでをまとめました。

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223