歯科衛生士の履歴書〜記入編

0clips 169views
準備編では履歴書の基本の書き方をご紹介しました。

※ 準備編はこちら



履歴書の書き方の基本がわかったら今度は実際に記入してみましょう。

 
基本情報欄の書き方


日付は記入した日ではなく、面接に行く日の日付を記入しましょう。

事前に書類審査を設けているクリニックの場合は、郵送で事前に履歴書を送付する必要がある場合もあります。

その際は履歴書をポストに投函する日の日付に設定しましょう。



写真

性格が一番出るのが、写真の貼り付け方です。雑な歯科衛生士による見られるのが【雑な写真のカット】と【写真の貼りズレ】。

几帳面な院長は、そんな写真を見ると残念な気持ちになると同時に、ちょっとあなたの事を下に見ます。



電話番号・メールアドレス


固定電話がない場合は携帯電話のみでOK

メールアドレスは携帯電話やパソコンですぐに確認ができるものを記入しましょう。この時に注意したいのが、ちょっと恥ずかしいメルアドのアナタ。



 
歯科衛生士の学歴:履歴書

履歴書全体で西暦表記か元号表記か統一しましょう。学校名は省略せずに、正式名称で記入しましょう。

新卒の場合は中学校の卒業年度から記入し、転職者の場合は高校の卒業年度からの記入でも問題ありません。


 
歯科衛生士としての職歴:履歴書

時系列に記入していきクリニック名は正式名称で記入しましょう。
(医療法人の場合は法人名も書きましょう。)

現在勤めているクリニックの退職日が決まっている場合は『2018年3月 満月満月歯科医院 退職予定』と記入しましょう。

最終行に『現在に至る』と記入し、その下の行に右寄せで『以上』と記入しましょう。

職歴が書ききれない場合は、ある程度職歴の記入をして『詳細は職務履歴書記入』と記入し別途、職務履歴書の記入をしましょう。


 
歯科衛生士の免許・資格項目欄:履歴書

 
歯科衛生士免許、自動車免許等、免許から先に記入をし、資格は免許の後に記入しましょう。免許・資格は正式名称で記入しましょう。

現在習得の為に勉強しているものもあればそちらも記入。
(2018年 3月 歯科衛生士免許取得見込み 等)

資格取得の時と現在の名称が異なる場合は取得時の名称を記入しましょう。


 
歯科衛生士の趣味・特技:履歴書

院長や趣味の合うスタッフがいたりと、会話が弾むきっかけにもなるので、単純に興味があることなども記入しておきましょう。

また、細かい作業が必要にな趣味を持っている人は歯科衛生士業務に共通するので良いアピールになるでしょう。

趣味を多く記入しすぎると印象がよくない事もあるので、ある程度絞って記入することをオススメします。


 
歯科衛生士の志望動機:履歴書


一番悩む方が多いのが志望動機の書き方。

何を書いたらいいのか悩む歯科衛生士も多いと思います。志望動機を書くポイントとしては


1、面接を意識

面接は履歴書を元に、話をしていく事が多いです。特に志望動機は面接時に必ず聞かれると言っても過言ではないテッパンの質問事項。

履歴書にはわかりやすく要約してまとめ、面接で質問された時に履歴書に書ききれなかった部分を説明するのがベストです。

どのような流れで面接を進めたいかイメージしながら書き進めていくのが大切です。



2、なぜ志望したのか

歯科医院と一口に言っても、一般、矯正、小児、審美、訪問歯科、インプラント、口腔外科など専門分野で分けると多岐にわたります。その中で、なぜその医院を志望したのかを明確に記入しても良いでしょう。


スラスラかける人はいいですが、筆が止まってしまう方は箇条書きでも良いので『数ある求人からなぜその歯科医院で働きたいと思ったのか』なんでもいいのでイイと思ったポイントを書き出してみましょう。

そこに肉付けをして文章化していくと書きやすいかもしれません。



条件面ばかりを書き出してしまうと、ありきたりな文章になりやすく、どこの歯科医院でも変わらない内容になってしまいます。


志望の歯科医院の募集要項やホームページを必ず確認し、医院の特徴やウリにしているポイントを抑えるようにすると、採用担当者の目に止まりやすくなります。
 
loading...
© デンタルハッピー since2008