歯科衛生士 面接の極意

歯科衛生士 面接の極意

7clips 13,715views


 
この問いを真剣に考える衛生士は、常に素晴らしい環境に恵まれる。




ほとんどの歯科衛生士が面接・見学時に、希望しているポイント、自分が気になるポイントを質問しているかと思います。



誰もが【自分が】求めている環境なのか?を見極めようとします。



しかし、周りの人から好意的を寄せられる人のスタンスは異なります。

【相手の目線・立場】に立って物事を考えることが出来るのです。


 


相手の目線で会話が出来る衛生士は、患者さんからも院長やスタッフからも非常に高い評価を受ける事ができます。そのため、他の人と比べて条件面でも優遇されることが多いです。


 
面接時は【相手の希望】を質問してみてはいかがでしょうか?

 


『どんな歯科衛生士が貴院に合うと思いますか?』

『どんな前任者の代わりを探されているのですか?』
など




相手の要望を聞く事で、あなたに求めてられている事も同時に少しずつ見えてきます。






面接の合格・不合格の分かれ目とは?

面接の質問に秘められた転職の極意




 
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223