扶養内で働く際に気をつける点

扶養内で働く際に気をつける点

79clips 3,859views
 
非常勤衛生士が働く際の悩みがちな、【扶養内】で働くか【扶養を外れる】べきかという問題に関して整理してみました。


まず知っておきたいのは、扶養には103万と130万の2つのラインがあります。


 
103万円未満で優遇される点


年間の所得が103万円以内ですと所得税国民保険国民年金が控除されます。

※ 住民税は93万円を超えると課税される場合があります。




 
130万円未満で優遇される点


年間の所得が130万円以内ですと、健康保険と国民年金は控除されますが、所得税と住民税は課税対象となります。


※ 国民年金と厚生年金の違い






気を付けべきポイント
 
103万の扶養の場合は交通費を除く収入になりますが、

130万の扶養の場合は交通費を含む収入になります。



自宅から遠い場所で勤務してしまいますと、収入も限られてしまうため近くの職場で勤務をしないと、気が付いた時には扶養を越えていることもありますので、ご注意を!



130万を超えてしまうと所得税、住民税、国民保険、国民年金の全てが課税されてしまいますので、130万を超える際には大幅に超えるよう働く方が得策です。
 
 

さらに良く理解するために・・

扶養内で働く際に気をつける点〜その2

扶養内で働く際に気をつける点〜その3

 
loading...
© デンタルハッピー since2008