歯科衛生士の平均月給

歯科衛生士の平均月給

75clips 12,024views
歯科衛生士の平均給与をご存知でしょうか?
 

 
これまでデンタルハッピーが関東エリアで働く衛生士約4000人から実際に聞いた結果を基に【歯科衛生士の給与】を徹底解剖します。
 
 



新卒歯科衛生士の平均月給

約22〜23万円が平均と言えます。
2015年頃までは21〜22万が初任給の平均だったのが、ここ数年で1万円ほど上がった印象があります。

もちろん平均なので、21万円スタートの所もあれば25万円以上のところもあります。

指でOK 新卒でも高額設定な歯科医院のカラクリ





歯科衛生士歴2〜3年の平均月給

歯科衛生士として一番勘違いしやすい年代と言われてます。衛生士としてある程度の業務に携わり、転職先の診療内容に対しても色々と要望が高いのです。

それでいて転職先でも高い評価を受けられる衛生士は極わずか。。それまでいた職場でのやり方を覚えただけであって、どこでもやって行ける力を身につけている人はまだまだ少ないのです。

しかし、給与面に関しては様々な求人情報に目を通し、自分自身の給与設定を高く見積もりがちな方も多いです。

転職時は23〜25万円の設定となることが多いですが、入社クリニックによっては【新人レベル】と判断され当初と異なる設定になることもあります。


指でOK給与を上げる転職がしたい方はコチラ




歯科衛生士歴6〜8年の中堅DH

歯科医院側からは一番採用したいと言われる事が多い熟れ頃というヤツです。
これまでいた職場によっては、衛生士としてもある程度完成されており、現役で衛生士学校に通われた方であれば、20代後半に差し掛かるタイミングで、医院の主力として考えられる方です。

人当たりが良く、経歴も乱れていなければ、転職時に一番の高給を狙える可能性が高いです。25.5〜27.5万円が平均値という感覚です。

 
 
クリニックとしても一番判断が難しいと言われる経歴になってきます。衛生士によって能力の差が大きく、場合によっては就職後に当初言われていた給与額と変更される事もあります。

これまでTOPレベルでやってきた方で、転職後の初任給は29〜32万円というのが現実的なラインです。

正直、上記の給与額以上をもらっていて、給与をどうしても下げたくないと考えている場合はデンタルハッピーではあまり転職をオススメしてません。それよりも、現職の環境や状況を改善してゆくアドバイスをしております。
 
 
 
loading...
© デンタルハッピー since2008