あなたの給与額が決まる瞬間

あなたの給与額が決まる瞬間

作成日:2012/10/22 更新日:2020/05/08
12,844views
歯科業界では各クリニックの【歯科衛生士に対する枯渇度(足りなさ具合)】で給与設定が変わってきます。


喉から手が出るほど新しい衛生士に入社して欲しいと考える場合は、はっきり言って衛生士本人がどんな人であろうと、クリニックが出せるギリギリのラインまで給与設定をあげて採用しようとします。


みなさんが求人サイトで見かける高給与なクリニックは大抵がそんなところです。。


 

求人条件通りの給与設定で採用されると思っていると、入社後に給与額が異なるケースもあるんです。特に高給与額で募集しているところは、高い金額を書いて応募者を集めて、面接時に【この衛生士はこの位の給与が妥当だな】と人によって判別をしていることもあります。(そんなことをクリニックは大抵、入社後に人が辞めて常に衛生士不足に陥ってるんですがね。。)


人を見て給与額を決めることが多いため、面接時に入社後の初任給が8割方決まっていると考えてください。


※残りの2割は入社後の試用期間に動き・能力によって変動する数字です。

 

給与テーブルが衛生士歴によって定められているクリニックは歯科衛生士が10人近く在籍している大型法人に多く見られます。なぜならある程度の基準(2年目なら◯◯万円、5年目なら◯◯円)を決めておかないと、スタッフ内で給与の話になった時に大混乱に陥るからです。
 




 
『微妙だけど歯科衛生士だし、一応採用しておくか。。』


という判断で採用された衛生士は、掲載されている求人募集の給与設定より下がるケースが多々あります。。



逆に『この人には絶対ウチに来てほしい人材だ!』という印象を残した衛生士は、求人募集の給与額よりも高いオファーを受ける事もよくある話です。



クリニック側(院長)が考えている事を面接時に理解して、適切なコミュニケーションが取れる人は給与面ではまず得をすると言えるでしょう。





面接時にポイントが上がる質問とは?
 

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223