30過ぎたら求められる事。

30過ぎたら求められる事。

4clips 5,908views

20代の頃は、

ただ【歯科衛生士】というだけで、

どこでも採用されますが、

そんな時期は永遠には続きません。




年齢やキャリアを重ねた歯科衛生士には、20代とは違う存在を求められているとお気づきでしょうか?

これはキャリアに見合った技術や能力ではありません。

※ 厳しいようですが、これはあって当たり前の事です。






 
クリニックが期待しているのは、院長とスタッフ達をつなぐ存在であること。












ほとんどの歯科医院は、

院長とスタッフの間に、

不適切な距離間があり、

意思の疎通がうまくいってません。









それが原因となり、院長のストレスや

スタッフの不満が生まれるのです。













その距離間をうまく埋められる衛生士であれば、

年齢が障害になる事はほとんどないでしょう。


※ 逆にものすごく重宝されます。
  


転職後に28万円以上稼げる衛生士とは?









若い子と大差がないと判断されれば、どんな業界でも『 老兵は死なず、だた消え去るのみ。』 ・・・厳しいですが、これが現実社会です。
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223