【非常勤歯科医師の方が稼げる?】常勤・非常勤のメリットを解説

2clips 428views
 

常勤歯科医師のメリット

 

安定した給与と待遇

歯科医師という職業に限りませんが常勤の場合、毎月固定給として給料が入ってくるため生活の安定感があり、将来設計もしやすくなります。
福利厚生の面でも社会保険や退職金制度といった制度を受けることができます。

 

患者の治療を見届けることができる

常勤として働く場合、患者さんの治療を最後まで見届けることができるという点もメリットと言えるでしょう。最後まで見届けることで、歯科医師としてのスキルの再確認ができますし、どのように治療を進めることが患者さんにとって最善なのか、といった考え方も身に付けることがでいます。

何よりも、患者さんからお礼を頂けるタイミングもあるので、やりがいという面でも充実したものになるでしょう。
 

開業スキルを磨くことができる

常勤としてクリニックに属するということは、開業スキルを学ぶという意味では非常に大きなメリットと言えます。
今や全体の約56%が開業という選択をする歯科医師ですが、開業するためには、
技術だけではなく人材管理のスキルやマーケティングスキル、医療的法律の知識など、様々なスキルが必要になってきます。

常勤として働く中で上記のようなスキルを意識的に吸収することで、開業した後のスムーズな運営をすることができるようになります。

 

非常勤歯科医師のメリット

 

柔軟な勤務体制

非常勤歯科医師の大きなメリットとして柔軟な勤務体制があります。
非常勤のため、「週に何回出勤をする」「何曜日に出る」「何時まで出る」など勤務条件に融通を効かすことができます。

最近では女性歯科医師の割合も増えてきていますが、出産後や子育て中などシフトに融通を効かせたいときなどに非常勤の働き方はピッタリです。

 

あらゆる角度からの経験が積める

非常勤の場合、1軒のみで勤務するというよりも、複数軒で掛け持ちするパターンが多いです。
掛け持ちの場合、歯科医院ごとでアプローチや専門分野が変わってくるため、経験できる診療の幅が広がってきます。先にも書いた通り、異なるスタイルや経営スタイルに触れることは、将来自分が開業をする際に役立つ知識や経験を積むことができます。
 

常勤と非常勤、どちらを選ぶか

 

ご自身のキャリアビジョンを明確に

最終的に常勤と非常勤どちらの働き方を選ぶかは、個々の価値観やライフステージ、キャリアの目標によって大きく変わります。

常勤の場合は安定して給与と待遇を得られ、一つの組織や地域で長期的に深く関わりたいと考える方。

非常勤の場合は、多様な経験を求め、ライフワークバランスを大切にしたい方や、特定の時期(子育て中など)に時間の柔軟性を求める方に適しています。

ただ、重要なのは自身の価値観や目標を明確に持ち、その上で最適な選択をすることです。
 
>>歯科医師のキャリアについて専門のアドバイア―に相談しみる
 

非常勤を掛け持ちするという選択肢

掛け持ちをすることで様々な知見や経験を積むことができるほか、時に「常勤以上の給料を稼ぐこと」も可能です。
夜間や、土日祝、駅から遠いなど不人気条件の歯科医院の場合、歯科医師不足で困っていることも多く、日給50,000円以上を提示してくることも。
そういった歯科医院で掛け持ちをすることで、効率よく稼ぐことも可能になるのです。
© デンタルハッピーDr