別の仕事も視野に入れたい!歯科衛生士としての経験を活かして働ける仕事はある?

別の仕事も視野に入れたい!歯科衛生士としての経験を活かして働ける仕事はある?

作成日:2022/03/13
316views
「歯科衛生士の仕事を辞めて他に仕事があるのか知りたい」と考えている方はいらっしゃいませんか。

学校に通う前は憧れがあった歯科衛生士の仕事も、実際に仕事を始めてから「自分に合っていないかも」と感じているのではないでしょうか。

高校を卒業してからそのままストレートで歯科衛生士になった方は、他の仕事に憧れを持つ人も少なくありません。

まだまだ幼い高校生の段階で進路を選ぶのは難しいからです。実際に「なぜ歯科衛生士になったのか?」の問いに対し、これといった理由もない衛生士は少なくありません。
 
歯科衛生士以外に自分に合っていてやりがいの感じられる仕事はあるのでしょうか。


現役歯科衛生士ライター 本吉ひとみ

歯科衛生士としての経験を活かして働ける仕事はある?

歯科衛生士の資格を持っている方の働き方としては、主に以下の4つに分かれます。


それぞれ、詳しく見ていきましょう。

①一般的な歯科衛生士らしい働き方

2018年に厚生労働省が発表した衛生行政報告書(就業医療関係者)によると9割の歯科衛生士が歯科医院に勤めており、歯科医院以外に勤めている歯科衛生士は残りの1割です。

つまり、大半が①の「一般的な歯科衛生士らしい働き方」をしているということです。
歯科医院ごとに仕事内容が異なるので、諦めないで探し続ければ自分に合う歯科医院も見つかるでしょう。

 
\自分に合う職場探しを無料でサポート/

②歯科衛生士の資格を活かして別の仕事をする


歯科医院以外だと病院や市区町村、歯科衛生士の学校、歯科関連企業、介護施設などに勤務しています。

詳しい話はこちらの記事に記載しているのでよかったらご覧ください。

記事リンク:歯科衛生士の就職先にはどんな種類がある?自分にあった選び方も解説
 
病院や市区町村・保健センター、歯科衛生士の学校、介護施設だとほとんどが歯科衛生士としての医療行為や、歯科衛生士の知識や技術を活かした働き方になりますが、歯科医院とは働く条件が異なります。

一般的な歯科医院だと法人になっていない場合もあり、福利厚生が整っていないこともありますよね。

病院や市区町村・保健センターや歯科企業であればその辺りは安心できるのではないでしょうか 。
 
歯科関連企業で働く場合は、仕事内容が一般的な歯科衛生士業務と異なる点があります。

主に歯科医院向けに歯科の器具・機材・材料を販売している販売する業務を担い、歯科衛生士や歯科医師向けのセミナーを担当することもあるでしょう。

業務内容としては、営業活動を行うことが多いので、営業目標やノルマが多少きつく感じることもあるかもしれません。
 
採用は4年生大学を卒業見込みの学生が対象となっている場合が多いです。

中途採用の場合は、歯科衛生士としての年数が長かったとしても、一般企業で求められる営業や一般常識などのスキルが身についてないので、新卒と同じような扱いになります。

また、新卒のお給料は、歯科衛生士として働くより安くスタートすることが多いです。

ノルマを達成すればその分、歩合で給料が上がることもあるかもしれませんが、「歯科衛生士として勤務していたほうが多くもらえていた…」なんてこともあります。

ただ、その代わりにボーナスが高く福利厚生がしっかりしているので人気職となっており、競争が激しいかもしれません。
 

③全く関係ない仕事をする

歯科衛生士の資格は使わず全く別の仕事を選ぶ方もいます。

例えば、歯科衛生士は人とのコミュニケーションも大事になるので、”接客業”を選ぶ方も多いように感じます。
歯科衛生士として患者さんと関わってきたスキルを活かしているパターンです。
飲食店やネイル・エステなどの美容業界、アパレル関係など女性が憧れる職業を目指す方も多いです。
 
歯科衛生士の国家資格をいかせないので条件は悪くなることもありますが、自分の本当にやりたいことを追求するのも、選択のひとつとして考えてみてもいいのではないでしょうか。

他の仕事をしてみてから歯科衛生士に戻るというのもアリだと思います。歯科衛生士は人材不足で戻りたいときに戻りやすい環境と言えます。

よって他に憧れがあるのであれば、一度歯科衛生士を辞めて別の仕事を選んでみるのも良いかもしれません。
 
ただやはり歯科衛生士の国家資格があると、ある程度お給料の担保ができるのも事実です。

歯科衛生士としての仕事が嫌になり、他の仕事に目移りしている場合は一度立ち止まって考え直してみてください。

転職するとたいていは条件が悪くなり、どんな仕事であっても辛い壁にぶち当たります。

やりがいも感じられず、働く条件も悪くなっては「やっぱり歯科衛生士を続けてればよかった」と後悔する人も多いようです。

④歯科衛生士として働きながら副業をする


もしくは歯科衛生士として働きながら副業をしている方もいます。


例えばスキマ時間に自分でスキルを磨いて、ヨガのインストラクターやWebデザイナーなどの副業をしながら働いていたりです。

休日や仕事が終わったあとの夜などに勉強したり、技術を磨いたりして違う形でもお金を稼ぐのです。
   
今は多様な働き方が認められている時代。

歯科衛生士としての仕事に飽きや給料の限界を感じる場合は、別の何かを身につけるのもありかもしれません。
というのも、完全に辞めてから新たなスタートを切るのはリスクが高いからです。
「きちんと稼げるのか」
「やっていて楽しいか」

など、続けられるかどうかは始めてみないと分からないこともあります。
歯科衛生士の仕事を続けて給料をもらいつつ、別の何かをはじめてみる。

スタートしたては稼げないこともありますが、軌道に乗って収入が安定してから先に進む。それが一番賢い人生の選び方です。

まとめ


単に「歯科衛生士を辞める」という選択だけではなく、別の歯科医院に転職して環境を変えることもいいかもしれません。

技術に自信がないのなら、セミナーに参加してみるなど工夫することで悩みを解決できることもあるでしょう。

歯科衛生士を辞める決断をする前に、
 
「なぜ辞めたいのか」
「辞めたあと何がしたいのか」

をしっかり考えてから転職を考えてみてはいかがでしょうか。


>>歯科衛生士としての経験を生かした働き方を相談してみる


 

歯科医院で歯科衛生士をしながら、歯科メディアにてライター・動画編集者としても発信活動中。

現場で働くからこそわかる、リアルな声をお届けします。

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223