歯科衛生士のよくある退職理由TOP10

歯科衛生士のよくある退職理由TOP10

作成日:2015/05/01
40,649views
歯科衛生士の専門学校や大学に通い、やっとの思いで取得した国家資格。
 
しかし、「人間関係に疲れた」「働いてみたらイメージと違う」など不満が出てきてしまい、辞めたい気持ちになることもあるのではないでしょうか。
 
今の職場が合わないのか、歯科衛生士としての仕事が合わないのか。
何が問題で、何を解決したらよいのか、悩んでいる方も多いと思います。
 
そこで今回は、歯科衛生士のよくある退職理由TOP10をご紹介します。ご自身の状況と照らし合わせ、前を向けるきっかけを見つけましょう。
 
※歯科衛生士の退職理由TOP10を、歯科衛生士ライターの本吉さんに解説していただきました。
 













 
本吉ひとみ(現役歯科衛生士ライター)
 

歯科衛生士のよくある退職理由TOP10



 
歯科衛生士の私が実際に見てきた、良くある退職理由を挙げていきます。
 

①人間関係が悪い

歯科助手・歯科衛生士などの女性スタッフ同士(同期、先輩、後輩)や院長先生、院長夫人、勤務医の先生など、気が合わない人がいると厄介です。
 
苦手な人が1人だけであれば、なるべく接触しないようにするなど対応はしやすいのですが、自分だけがその場に馴染めない、みんなから嫌われていると感じてしまう、という場合は解決するのに時間がかかるかもしれません。


 

②給与が少ない

また、働いているだけの給料をもらえていないと感じている歯科衛生士さんもいるようです。学生時代の友人と話して自分のほうが給料が低かったりすると不安になることもありますよね。
 
給料は地域によっても差があるので、近場の医院の求人を探して、平均年収を調べてみるのもよいでしょう。

>> 歯科衛生士のリアルな平均手取り給料データ(地域・年齢別)

 
はじめの給料が少なくても昇給制度があれば勤務年数があがるほど給料も増えますし、ボーナスがあれば年間で考えると平均年収があがることもあります。

総合的に考えて自分の給料が周りと比べてどうか考えてみてはいかがでしょうか。


 

③待遇面・福利厚生がしっかりしていない

法人化している医院では社会保険に加入することができ、厚生年金と健康保険を半額負担してくれますが、小さな規模の歯科医院は歯科医師国保の場合も。

福利厚生が充実しているかは事前にリサーチしておく必要があります。
 
また、「有給を消化できない」「祝日がある日は定休日に出勤しないとならず、休日が少ない」「残業手当がでない」「勤務時間が長い」といった不満から退職を考えることも。

このあたりは事前に、実際働いている医院のスタッフに聞いてみたほうがよいでしょう。

 

④院長先生についていけない




院長先生が目指す方向性と自分のやりたいことがズレているとすり合わせるのが大変です。自分の意見を聞き入れてくれる風通しのよい職場であればいいのですが、そうとも限りません。
 
小さい医院の長である院長先生は、裸の王様になっているケースもよく見受けられます。

就職する前に、医院の理念や歯科を通じて何をしていきたいのかなど確認しておきましょう。

 

⑤仕事内容に納得がいかない

真面目な人ほどこのように感じてしまうこともあるでしょう。滅菌消毒管理や患者さんへの対応など、働くのであればちゃんとしたいと思うこともありますよね。
 
しかし、ちゃんとしようとすればするほどコストパフォーマンスは悪くなることもあり、経営の視点から考えるとすべてを理想通りにできるとは限りません。
 
なにを妥協していくのかは院長先生の考え方にもよります。希望ばかりを述べるのではなく、経営のこともちゃんと考えつつ、相談できるように工夫しましょう。

 

⑥仕事が大変すぎる



 

ユニット数や患者さん数が多い医院、スタッフの数が足りてない医院ではひとりひとりの負担が大きすぎることもあります。

数をまわさなければならないので仕事も雑になり、やりがいを見出せずに時間を過ごしてることもあるのではないでしょうか。
 
テキパキしてる人、ゆったりしてる人などそれぞれ性格は違いますよね。

自分らしさを見失って無理をしてると気持ちもからだも疲れてしまいますので、自分に合う医院を見つけることも大切です。
 
また、プライベートを充実させるために仕事から離れたいと感じる人も多いようです。

⑦スキルアップしたい

歯科衛生士として長期的にひとつの医院で働くことも素晴らしいのですが、ひとつのやり方しか知らないことに不安を感じる人もいるのではないでしょうか。
 
医院によって方針が異なることも多いので、ほかを見てみるのもひとつ。

特に認定歯科衛生士など目指したい場合は学会に所属している歯科医院のほうがスムーズです。

自分の目標が明確な方はスキルアップのために転職を考えたほうがよいでしょう。

 

⑧ライフスタイルの変化





 











結婚や妊娠出産、夫の転勤、親の介護など、ライフスタイルの変化によって退職をやむを得ない場合があります。
 
産休や育児休暇、介護休暇などの福利厚生が整っている医院であればそのまま続けることができるのですが、まだまだ現状は少ない模様。

ワークライフバランスを考えたときに退職の文字が頭に浮かぶ人も多くいます。

 

⑨からだや心の不調

怪我や病気などで仕事が続けられなくなることもあります。また、からだだけではなく、心の不調で「休息したい」と感じることも。

特に女性に多いのはうつ病です。

からだも心も元気でないと仕事を続けることが難しくなりますから、あまり無理をしすぎず、症状が出る前の早い段階でゆっくり休息をとるようにしてくださいね。
 

⑩他の業界に興味がある

歯科業界は専門的な分野なので合う合わないがあります。

実際に働いてみて、他の仕事のほうが自分には向いているかもしれないと感じるパターンです。

狭い世界なので一度外の世界に出たくなるのでしょう。
 
また、歯科衛生士の仕事が合わないと感じる、歯科業界が嫌になったなど、今の業界から逃げたいから他の業界を考える人もいるようです。

本当にやりたいことがある場合ならいいのですが、嫌なことから逃げるだけでは同じことを繰り返してしまいます。

 

退職理由は職場にどう伝える?




 
デンタルハッピー 代表 笹平

本吉さん、ありがとうございました!!
 

多くの歯科衛生士さんが一番悩むのが退職理由を職場の人にどう伝えるかです。この伝え方に関しては、これまで数千人におよぶ歯科衛生士の退職理由を見届けてきた、私から二点だけ大切な点お伝えしたいと思います。

 

1、極力は嘘はつかない

職場を退職する際、どんな理由を言えば良いのか?皆さん1度は悩んだことがあると思います。

『嘘は災いのもと』といいますが、嘘の退職理由を伝えたせいで、求人クリニックが限定されてしまうこともあるので注意しましょう!!

※ いつ頃退社希望を伝えるべきか


例えば『引越しをするために...』という退職理由。

真実であればもちろん問題はありません。しかし、退職しづらいために仕方なく、この理由で退職すると、まず近所にある歯科医院では働きづらくなります。

こう言った理由もあり、地元では働かない!と言うのがベテラン衛生士の知恵だったりもします。

特に勤務先の院長先生が歯科医師会などで他のクリニックと付き合いが多い場合、嘘バレの可能性は上がります。


 

2、落ち着いて話をする

退職理由を正直に話したとしても、ヒートアップしすぎてしまうことには御注意を! 院長との話合いでクリニックのことを悪く言いすぎてしまい、退職までの日々が気まずくなってしまうこともあります。

退職希望を伝えた後、居心地が悪くなる一番の原因はこれです。

※ 余談として伝えるタイミングとしては休日の前日の診療後です。間違っても朝に伝えない様に。。その日1日中が重たい雰囲気ではたらくことになります。

>> 院長に辞めたいと伝えるタイミング

>> 院長や同僚への後味を悪くしない退職理由の伝え方

 

最後に




退職したいと感じる原因は何なのか、一度冷静になって考えてみてください。そしてそれを解決できる策がないか、探してみましょう。
 
退職したら多くことを失いますが、失ったことによってまた新しい何かが入ってくる空間ができたという意味でもあります。

仕事をしている時間は長いので、楽しいと思える職場や仕事が見つかるよう知恵を絞ってみてくださいね!!


>> 歯科衛生士が円満退職をするために大切なこと

 

歯科医院で歯科衛生士をしながら、歯科メディアにてライター・動画編集者としても発信活動中。

現場で働くからこそわかる、リアルな声をお届けします。

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223