辞めてよかった?歯科衛生士を辞めた人が直面する他業種への転職の難しさ

辞めてよかった?歯科衛生士を辞めた人が直面する他業種への転職の難しさ

作成日:2021/06/03
123views
「歯科衛生士は自分には合わないのでは…」と思い退職を決意。
せっかく取った免許ですが、嫌な気持ちになってまで働く必要はないと思い切って他の世界に飛び込む方もいるのではないでしょうか。
 
しかし、いざ飛び込んでみたら思ったようにいかず「本当にこのままでいいのだろうか」と悩むこともありますよね。
 
そこで今回は「辞めてよかった?歯科衛生士を辞めた人が直面する他業種への転職の難しさ」という内容でお話ししていきます。

この記事を書いた人:現役歯科衛生士ライター
本吉ひとみ
 

歯科衛生士を辞めた人が直面する他業種への転職の難しさ4選


①学歴問題

まず1つ目に歯科衛生士を辞めてから直面する問題は学歴です。
卒業した衛生士学校が大学であれば一般科目も勉強するためそこまで影響はありませんが、専門学校だと専門的な知識をメインに学んでいきますよね。
なので、歯科以外の知識などが足りてないケースがあります。
 
昨今では学歴を気にしない企業は増えているというものの、大卒かどうかで給料やキャリアに影響がある企業もまだまだあります。入社してから苦労することもあるでしょう。
 

②社会人としてのマナー
(敬語・履歴書・一般常識)

2つ目の問題としてあげられるのが、社会人としてのマナーが欠如しているパターンです。歯科衛生士は入社前の社会人研修がないところが多く、実際に働き始めてからもそこまで求められることはありません。
自ら学ぼうとしないと知らずに失礼な対応をしていることも多いです。
 
正しい敬語が使えないと企業で働くのは難しいでしょう。履歴書の書き方、メールの送り方や電話対応、最低限の一般常識がないといけません。
求められることが増えるのでそこで挫けてしまう人も多いようです。
 

③給料の安さ

実際に採用されたしても勤務してから気づく問題もあるでしょう。3つ目の問題として、勤務条件の悪さがあげられます。
 
未経験だと給料が少なくなったり、福利厚生はあっても休日出勤やサービス残業などがあったりして、「歯科衛生士として働いていたほうが楽だったかも」ということもあるかもしれません。
 

④そもそも採用されない

未経験で30歳を過ぎてしまうと転職はかなり大変になります。
残念ながら企業はあまり採用してくれません。
何か特別な魅力があったり、これまでのことで活かせるスキルがあれば別ですが、入社するのに一苦労するのが大半です。
 
もし本当に他職種への転職を検討しているのであれば、転職してから使えるスキルや知識を事前に身につけておく必要があるでしょう。

どうしても歯科衛生士を辞めたいときにするべきこと




それでも「歯科衛生士を辞めたい」と思ったときにしておくべきポイントは、下記のことがあげられます。
 

①ビジネスマナーを身につけておく

 
ビジネスマナーは今後生きていく上でも知っていて損はないので、本を一冊は読んでおくことをオススメします。
 

社会人としての心構え

 
・ハキハキと人の目を見て挨拶をすること
挨拶で相手の印象が変わります。

・時間をしっかり守ること
ギリギリではなく10分前行動を意識しましょう

・ホウレンソウを忘れないこと
報告、連絡、相談は逐一行うようにしてください

・人とのコミュニケーションを大切にする
仕事を円滑に行っていく上で重要です。人と接する仕事でなくても必ず丁寧な対応を心がけてください。

・整理整頓を行うこと
メモやファイル、鞄の中、机の上、頭の中など常に整理整頓させておいてください。そうすると仕事がスムーズに進められるようになります。
 

最低限のビジネスマナー

 
人として当たり前な事は下記のことがあります。
 
・きちんとした清潔感のある化粧や服装
・尊敬語・謙譲語・丁寧語の3種類を使い分ける
・電話対応の仕方
・メールや手紙の書き方
・大人としての立ち振舞い
・履歴書や面接の仕方
 
最低限これらのことは身につけておくと便利です。この他に自己啓発本など応用的なものも知っておくと今後のためになるでしょう。
 

②仕事に必要なスキルや資格を身につける

 
上記のような社会人としての基本的な考えを身につけたら、仕事に活かせるスキルや資格を取得しておくのもよいでしょう。
簿記やWord・Excel・PowerPoint、英語、プログラミングスキル、秘書検定、ケアマネージャーなど、何でもいいので勉強してみてください。
 
自分のやりたい仕事が見つかったら、それにまつわる資格の勉強をしておくと仕事が始まってからも役に立ちます。
面接時の質問への対応もスムーズになりますし、採用される確率も上がるのではないでしょうか。
 

③歯科衛生士を続けてみる

最後に「他職種への転職は難しい」と感じるのであれば、歯科衛生士を続けてみるのもひとつ。
そもそも歯科衛生士を辞めたくなった理由は何でしょうか。
本当に”歯科衛生士の仕事”そのものが自分に向いていないと思ったのでしょうか。

(出典:公益社団法人 日本歯科衛生士会「歯科衛生士の勤務実態調査報告書」令和2年3月)

おそらく、この仕事に向いてない人はいないと思います。どんな人でも自分の得意を活かした働き方ができると思うからです。
 
もし仕事が嫌になった原因が人間関係だったりしたら、別の歯科医院へ転職したらやりがい持って働けるようになるかもしれません。


 

自分が嫌になった原因が何なのか、一度考え直してみてください。

もしかしたら一歩踏み出すだけでいい職場に巡り合えるかもしれません。

 

歯科医院で歯科衛生士をしながら、歯科メディアにてライター・動画編集者としても発信活動中。

現場で働くからこそわかる、リアルな声をお届けします。

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223