企業で働く衛生士は知っておくべきこと。

作成日:2016/02/09
18,139views

一般開業医で勤務される歯科衛生士が

全体の9割以上になりますが、歯科メーカーや

一般企業に就職したいとお考えの方もいるはずです。





弊社でも企業で働かれていた歯科衛生士の

臨床現場への転職をサポートする事がありますが、

実際の体験談を下に、企業で勤務することの

メリットとデメリットを整理してみます。






メリット
・ 土,日,祝休みの企業が多く賞与額が高い。

・ 退社時間は早い。

・ 福利厚生はほぼ確実に整っています。

・ 一般常識が身に付く




デメリット


・ 歯科衛生士としてのスキルアップは望めません。

・ 一部の企業では忙しい時期は終電で帰る日もある。

・ 常識力が歯科医院よりも求められる。

※ この常識力にはPCスキル



・ 臨床現場に復帰する事が非常に難しい。
 


一番のポイントは歯科の臨床現場というものが、

一般企業とはかけ離れているという現実です。

どちらが良い悪いという訳ではなく、違い過ぎるのです。






そのため当初考えていた以上に、臨床現場への

抵抗反応が出てしまい、転職当初は幻滅する方が多いです。





現場力が乏しいためクリニック側の評価も低く

企業で働いていた際の年収を維持する事は、

ほぼ不可能で生活水準を著しく落とす事になります。




復帰が成功するか否かは【医療現場】である

という事実をしっかりと認識できるかどうかです。

【職場自体】にフォーカスをしてしまうと、

どうしても労働環境が整った一般企業が魅力的に

写ってしまいますが、【患者さん】にフォーカスする

ことが出来る方であれば、仕事へのやりがいを

感じる事が出来、これまでとは違った生活が

待っているはずです


 

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223