【スケーリング】がストレスにならないために

【スケーリング】がストレスにならないために

2clips 1,097views


ハンドスケーラーを適材適所で使い分け、適切なシャープニングを行えるようになるには数年はかかるもの。


衛生士学校で学んだ授業だけでは歯周ポケットをイメージしづらく、就職してから初めて歯周ポケットに触れ、縁上・縁下歯石の違いを認識していく歯科衛生士がほとんどです。

しかし・・・



就職して間も無く、院長からスケーリングやSRPを指示され、自分のやり方を受け入れてもらえるのか、不安を抱えながら我流のスケーリングを行っている方も多い歯科衛生士業界。



歯科衛生士の基本中の基本である、スケーリングをする際に、無駄なストレスを抱えたくないのは誰もが願うこと。



そんなストレスを抱えないために、してみる事はコレ

 
マイスケーラーを持ってみる

出典:https://www.instagram.com/

自分だけの道具を揃えてゆく事で、スケーリングに対しての想いが変わります。

衛生士学校在学中に購入したスケーラーセットに触れたり、デンタルショーに足を運び、色んなメーカーのスケーラーに触れてみるのもオススメです。

まずは、どの歯のどの部位に使うスケーラーなのかを把握し、ハンドルの持ちやすさ・指への負担・刃部の太さなどをチェックしてみては?






 
好みのスケーラーのタイプがわかったらシャープニングをしてみます。

マイスケーラーだと、多少失敗しても他のスタッフに迷惑がかかることもありません。シャープニングを繰り返す事で自分の手になじむスケーラーが完成されていきます。


 
共用で使用するスケーラーは、それぞれが使いやすいようにシャープニングする結果、個々の癖が出て、あたなにとっては使いづらくなってしまう事もあります。





自分好みのスケーラーを使うことによりストレスが軽減することは、結果として施術を受けている患者さんのリスク軽減にも繋がります。
 
マイスケーラーをもつことで衛生士業務にも愛着がわき、仕事に対する意識も変わ流ので、なんとなくスケーリングをしてしまっている方は自分に最適なマイスケーラーをGETしてみては!?。
 
loading...
© デンタルハッピー since2008