ホワイトニングコーディネーター|資格のメリットをざっくり解説。

ホワイトニングコーディネーター|資格のメリットをざっくり解説。

作成日:2009/01/21 更新日:2020/04/02
13,768views

国家資格じゃないの?

ホワイトニングコーディネーターは民間資格です。

歯科審美の進歩発展を図るために、1988年に設立された日本歯科審美学会(社団法人)。この学会が認定する民間資格になります。

それに対して「歯科医師免許・歯科衛生士免許・歯科技工士免許」は国が認定する国家資格になります。

ホワイトニングって?

【簡潔には】

「歯みがきや歯のクリーニングでは落とせない着色をキレイにして歯を白くすること」です。

【具体的には】

「歯に特殊な薬剤を塗り、主に光を照射して歯を削らずに白くする治療」の事を指します。

芸能人は「歯が命」というコマーシャルがありましたが、歯をキレイに白くする事で、自分の表情に自信が出てくる。

人として美しくなる事で得られる自信が、ホワイトニングの大きな特徴になります。

ホワイトニングで得られる自信

出典元:instagram

ホワイトニングコーディネーターになるには?

前提条件として、【歯科衛生士免許の取得・日本歯科審美学会への入会】が必要です。

その上で・・

日本歯科審美学会開催の「認定講習会」を受講します。

その後、「認定試験」を受験して合格すると“ホワイトニングコーディネーター”として登録可能に。

日本歯科審美学会に“ホワイトニングコーディネーター”として「登録」すると、晴れて資格取得です。 ※【認定証・ピンバッジ】が貰える。

〜資格取得にはいくらかかる?〜
「講習会費・受験料・登録料」を全て合わせても、14,000円しかかかりません。コストパフォーマンスに優れた資格です。

ホワイトニングコーディネーターになるメリット

ホワイトニングコーディネーターの資格がなくても、歯科衛生士ならホワイトニングすることが可能です。

しかし、これからホワイトニングを受けようとする患者さんが歯科医院を選ぶ際に、ホワイトニングコーディネーターの資格保有者がいるかは大変重要な判断基準になります。

資格取得を推奨する歯科医院は、現在増加中です。

転職に有利になる事も多いので、あなたも資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 

 

審美系クリニックへの転職を「悩んでる ・プロに相談したい」→ 60秒のカンタン登録
 

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223