日本歯周病学会認定歯科衛生士

日本歯周病学会認定歯科衛生士

48clips 16,539views

日本歯周病学会認定歯科衛生士





日本歯周病学会が

認定する歯科衛生士の専門資格です。







臨床歯周病学会の認定と

日本歯周病学会の認定の2種類がありますが、

この2つは似ておりますが、異なる団体になります。







日本歯周病学会の認定の方が

より取得が困難であると言われております。




指でOK認定が取りやすい職場環境に関して





 

歯周病専門医のサポートを行う

歯科衛生士にも専門知識と

技術が必要であると考えられ、

平成17年より始まった資格です。












 

実際の認定取得までのハードルは高く、


1、既に歯科衛生士資格を有し、
日本歯周病学会が定める要綱すべてに該当する者   

 
2、通算5年以上の歯周病学に関する研修と
臨床経験を有する者、またはこれと同等以上の
経験を有すると認められた者。


→ 症例の提出が義務付けられているため、
通常は同一クリニックで5年以上の就業が
好ましいと言われております。



3、日本歯周病学会が認定する研修に参加し、
申請時に30単位以上を有する者。

→ 歯周病専門医のクリニックに就業している歯科衛生士は、
そうでない衛生士よりも単位の取得が容易です。



4、申請時に日本歯周病学会の会員である事。
 




上記の条件を全て満たした上で、

最後の難関ケースプレゼンテーションがあります。







歯科衛生士の認定資格で

一番取得に時間がかかり、

難易度が高いと言われております。
 
 
 
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223