あなたは”オーラルフィジシャン”を理解してますか?

あなたは”オーラルフィジシャン”を理解してますか?

75clips 3,387views

むし歯になる前に、お口の中を健康に保つ。


昨今、むし歯治療するよりむしろ口の中を定期的にメインテナンスして、口内を健康に保つことの方がより大事だという認識が広がってきました。


ここに驚くべき研究結果があります。世界各国の【平均残存歯数】を調べた結果・・・


スウェーデンでは、75歳で平均20本。
アメリカでは、85歳で平均16本。
日本ではなんと、80歳で平均5本・・・


この驚くべき差の原因は一体???


答えは、【予防歯科】にどれだけ力を入れているかにあります。

スウェーデンもアメリカも、歯医者へ定期的に受診するということが一般的です。
定期的に受診して歯をメインテナンスしてもらうのです。

スウェーデンでは定期受診率が80~90%、アメリカも70%と高い受診率を叩き出しています。


そう!
メインテナンスこそが歯の健康を保つ秘訣なんです。




出典:https://www.instagram.com/



そこで登場するのが、
【オーラルフィジシャン】直訳するとつまり 【口腔内科医】です。


私たちがイメージしやすい「むし歯治療をしてくれる歯医者さん

というよりも、
むし歯や歯周病にならないように口内の健康を管理してくれる歯医者さん」のことを指します。


日本では、山形県酒田市にある、日吉歯科診療所のDr.熊谷が中心となって、【オーラルフィジシャン】の概念を広める活動をしておられます。


SAT(State of the Art Team)というプロジェクトでは、「真に患者利益を追求した歯科医院運営を目指し、これからの歯科医院の世界標準を構築し実践するという」という理念のもと、


「プロフェッショナル 仕事の流儀」「カンブリア宮殿」「未来世紀ジパング」で特集が組まれるなど、
現在各メディアから注目を集めています。




 
保険は適用される?

厚生労働省は2015年1月7日付で、むし歯・歯周病にかかっていない健康な人の予防メインテナンスは保険適応外であると公式に明らかにしました。

詳しくはこちらをご覧ください→http://www.satiso.net/about_sat/2015mainte/kaitou.pdf


よって、予防メインテナンス治療は基本的に自費治療となります。


出典:https://www.instagram.com/



ただ、例外的に厚生労働省より【かかりつけ歯科機能 強化型 歯科診療所】に認定された歯科医院では保険が適用されます。


メインテナンス治療を受けたい場合は、認定を受けた歯科医院を探してみるのも良いかもしれません。



 
歯科医院での具体的な診療内容

オーラルフィジシャンってどんな診療をするのでしょうか?

簡単に説明すると、何より大切なことは、

「患者さん自身に、自分の口腔内に興味を持ってもらうこと」


口腔内に興味を持ってもらうこと

出典:https://www.instagram.com/


その為に、初診時にしっかりと検査を行います。

具体的には
①、歯周検査(プロービング6点、出血、動揺度、PCR)
②、口腔内写真(12枚法)
③、サリバテスト


徹底的に検査をしてデータを取り、その検査結果を踏まえ患者さん自身に【どんなリスクが潜んでいる口腔内なのか】を理解してもらう。


その上で患者ごとに適切なカリキュラムを組んで、カリエス(虫歯)・P(歯周病)を発症させない様に口腔内をコントロールしていきます。


また、オーラルフィジシャンの特徴の1つに、

「歯に対するモチベーションを上げて、ブラッシングの大切さを知ってもらい予防に繋げる」という一連の流れがあります。

この一連の流れができて初めて治療に移ります。
治療してもブラッシングがしっかり出来ていないとP(歯周病)が再発してしまうからです。


オーラルフィジシャンではただ主訴を改善するのではなく、「その先の未来」を一緒に考えていきます。



 

神奈川県でオーラルフィジシャンが実践できる歯科医院をお探しの方はお気軽にご相談下さい。

各クリニックのMTM(メディカルトリートメントモデル)の達成率から働きやすさも踏まえて総合的にクリニック情報をお伝えします。


お探しの歯科衛生士はコチラをご覧ください。

 
loading...
© デンタルハッピー since2008