1. 歯科衛生士の転職・求人探し
  2. 歯科衛生士:転職のトリセツ
  3. 歯科衛生士の働き方と環境
  4. 歯科衛生士がいないクリニック|気になるコト「3つ」

働き方と環境

歯科衛生士がいないクリニック|気になるコト「3つ」

歯科衛生士がいないクリニック|気になるコト「3つ」
8,823
作成日:2016/03/16


衛生士は他に衛生士が働いている所に集まりやすいため

『歯科衛生士がいない歯科医院があるんだ!』と

驚かれる方もいるかも知れません。



しかし、歯科衛生士が誰もいないクリニックも多いです。



歯科衛生士が誰もいないクリニックは敬遠しがちですが、

良いポイントもあります。






歯科衛生士不在のクリニック : メリット


条件面は高待遇で迎え入れてくれるケースが多いです。


 

午前中、夕方までのパート勤務が可能

 

希望の給与額がもらえる

 

衛生士業務をメインで行える

 


※ 我流で衛生士業務を任せてもらえる。(院長のこだわり具合によっては異なりますが)




歯科衛生士不在のクリニック : デメリット


懸念している通りの状況が待っているとは思います。


 

 

常勤は風邪などで、休みが取りづらい

 

相談できる相手がDrだけになる

 

責任感が少し重くなる

 

 


結論としては、院長との相性が最も大事と言えます。

入社前に、診療に対する考え方をしっかりと確認する

ことを心がけましょう。




歯科衛生士不在のクリニック : 転職は有利?


歯科衛生士不在のクリニックで働くと、業務を全て1人で担当することになるので、色々なことにチャレンジする機会に恵まれます。

気がつくと、クリニックを自分が切り盛りするようになっており、力がついてスキルアップしたような気持ちになることが多いです。

しかし、気をつけなかればいけないのは、衛生士が多数在籍して教育制度が充実しているクリニックで働いた方が、教育係がついてくれるなど、1つ1つ丁寧に学べるので能力が上がったりするんです。

すると、いざ転職すると「やってきた事が全然通用しない…」なんていう事態が。



指でOK少人数のクリニックで気をつける点





 

 

 

デンタルハッピーの実績
入社満足度 No.1
クチコミ掲載数 No.1
求人動画掲載数 No.1

※株式会社R&Mリサーチ調べ 
調査概要:2022年 歯科求人サイト部門