不確実な情報をウノミにするリスク。

不確実な情報をウノミにするリスク。

作成日:2012/05/03 更新日:2020/06/27
15,980views
ネット上でよく見る【働きやすい職場】とか【スタッフ環境良好】とか、結局は宣伝広告でしょ!?とお考えのあなた、


全くもって正しい判断です。


ネット上のうたい文句は基本全部【コマーシャル】ですので騙されないように注意が必要です。




一番注意をしたいのは、ネット上での登録後にオススメ求人をLINEやメールで送られてくる紹介会社です。

出典:https://www.instagram.com/

紹介会社は会社によっては効率性を重視して、多くの歯科衛生士をより早く【どこでもいいから(歯科医院に)入れる】ことが仕事になってしまっている営業会社の様な紹介業者もあります。


もちろん電話対応は丁寧で親切。『このクリニックはスタッフ環境も良いので○○さんにオススメです。』と言われ、それを信じて入社してみたものの・・実態は全く異なる環境で。。驚愕

近年この様なケースが多発しております。



なぜこのようなことが起きるのか?

電話やメールだけでやりとりをして、求人情報を送ってくる紹介サービスは、電話口で話している担当者もその会社のスタッフも誰も、対象クリニックに行ったこともなければ、院長と会ったこともありません。そのため電話口での院長の対応がよければ【感じの良い院長】になってしまいます。
 

出典:https://www.instagram.com/

 
確実な情報とは【働いているDHやDA】の証言や元々働いていたスタッフの証言ではないでしょうか?





あなたが聞いている、読んでいる求人情報にきちんとした裏付けはあるのでしょうか? 



>> いくつかの紹介会社を利用してみて分かったこと


>> 上京時に複数社の紹介会社を利用したケース


 

2008年に歯科衛生士専門の人材紹介会社を設立。これまで2000名を超える歯科衛生士と面談し就職先の決定に大きく関わる。関東エリアにある約2000人の歯科医院経営者より採用担当としての依頼を受ける。株式会社ヨシダや神奈川県歯科医師会より歯科衛生士の採用に関する講演依頼を受け登壇。

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223