成長意欲の高い新卒が選ぶべき職場

2clips 1,773views
どこへ行っても通用するスキルを身につけたい!

いつかは歯周病の認定歯科衛生士を取りたい!


明確な目標がある人も、ただ漠然と出来るようになりたいと感じている方にも言えることですが、最初の職場はその後の衛生士人生を決めるもっとも大きな選択と言えます。


社会人になると最初の3年でついた差を、その後埋めることは非常に難しいのはどの業界でも言えることです。


本当に成長したい新卒衛生士が選ぶべき職場の見つけかたとは?




1、仕事を任せてもらえる環境か?

どんなにレベルの高い先輩スタッフが在籍していたり、著名な院長先生のクリニックだったとしても、あなたが患者さんを診る機会が少なければ、スキルを身につけるのは難しいと言えます。


多くの新卒衛生士が患者数がさほど多くなく、診療時間が短い診療を求めがちですが、そのような環境下を最初の職場として選んでしまうと、転職時に苦労するのは目に見えてます。

ぬるま湯でやってきた方は、どんなクリニックに行っても【厳しい】と感じてしまうものです。


最初はどれだけ多くの口腔内を見ることができるか?
これはとても大事なポイントです。




2、フィードバックがもらえる職場か?


たとえ担当患者さんをたくさん見ていたとしても、どこでもやって行ける能力が身につくわけではありません。

 
【自分のクリニックでは優秀な衛生士】というパターンは非常に多いです。


多くのクリニックで新卒衛生士を採用したがるのは【自分色】に染めることが可能だから。実際に歯科医院での治療スタイルはどこも異なりますが、ベースとなる考え方がきちんと形成されているかは重要なポイントです。



早くから全てを任せられ、数はこなしてゆくと、2〜3年で自信がついてきます。そしてクリニックにも貢献しているため、給与設定は概して高くなってきます。


クリニックの売り上げに貢献できていることと、衛生士としての正しい技量が身についているかは別問題ですから、客観的に自分のやっている内容をチェックしてもらいながら成長できるかが重要です。



 
ポイントは【診療後の様子】と【院内勉強会の内容】です。


診療時間中は患者さんに対して使う時間と言えます。そのため、適切なフィードバックをもらう時間となると、診療時間外にならざるをえません。

また、院内勉強会をしているクリニックも多いですが、この時に未来のことばかり話し合い(予習型)、やっとことに関して考察し話し合うことが出来ていないクリニックでは正しいフィードバックを得られる機会も少なくなります。



 
loading...
© デンタルハッピー since2008