歯科衛生士転職サイト/エージェントの正しい比較方法と選び方

歯科衛生士転職サイト/エージェントの正しい比較方法と選び方

作成日:2021/11/12
132views
「転職をしたいけど、どうやって転職活動すればいいの?」
「転職サイト、たくさんありすぎてどこから申し込めばいいの?」

このようにお考えの歯科衛生士さんはいらっしゃいませんか?
 
「歯科衛生士 求人」と検索するとさまざまな情報が出てきて、どれを信じたら良いのかわからなくなりますよね。

高いお給料と理想的な言葉ばかりが並べられている求人サイト。

そんな情報を見て喜びもつかの間、実際に働き始めると「こんな情報知らなかった!」と現実を突きつけられることも。
 
人手不足で歯科衛生士はどこへ行っても引く手あまたでいつでもどこでもすぐに働き始められます。
しかし、慎重に場所選びをしないと「スタッフの入れ替わりが激しいヤバい歯医者」に当たってしまうことも。
 
そこで今回は、現役歯科衛生士で転職経験者のわたしが、歯科衛生士転職サイト、エージェントの正しい比較方法、選び方を解説したいと思います!


現役歯科衛生士ライター 本吉ひとみ

歯科衛生士の転職サイトやエージェントの比較




まず、「転職サイト」と「転職エージェント」にはどのような違いがあるのでしょうか。

それは、求職者と採用側の医院の間に仲介者であるキャリアコンサルタントが介在しているかどうかが大きな違いです。

もちろん、エージェントと言われる仲介者が多くの求人情報をまとめた「転職サイト」を運営しているケースも多いので、ぱっと見では見分けるのは難しいかもしれません。基本的にエージェントの場合はホームページの会社概要欄に「有料職業紹介事業」という事業を行っていることを表記しているので、会社概要ページを見れば簡単にわかりますよ!
 

①転職サイトについて

歯科衛生士の業界には、様々な転職サイトがありますよね。

最低限の情報しか載っていない場合もあれば、医院の雰囲気がわかるような写真やコメントまで詳細に載っているものもあり、サイトごとに実に様々な特徴があります。
 
正直なところ、転職サイトでの情報量の差はあれど、就職先の優劣の差はあまりないと思っています。

ただ、ひとつのサイトだけ見ていると自分が求めている求人情報を見落とす可能性がありますし、別のサイトでしか情報を載せていない医院もあるので、必ず複数のサイトで比較するようにしましょう。
 
転職サイトで就職先を探す方法は下記の二種類に分かれます。

・直接応募型
・スカウトサービス

 
自分で探しに行き、気になった医院に直接応募するタイプと、自分のこれまでの経歴や自己PRを載せてスカウトされるタイプがあります。

勤務条件の希望が強い場合は、自分で選べる直接応募型で就職するのがオススメ。
 
これまでの経歴や自分に強みがある人、自己PRなど自分を表現するのが得意な人はスカウトサービスを利用するのもいいでしょう。

自分の良さを見て声をかけてくれている場合は、得意分野を生かして働けるでしょう。

ただ、注意したいのは「テンプレートを使って大量にスカウトを送っている医院」です。
こういった医院は人の入れ替わりが激しく、人が足りなくなりがちなため年中求人を行っていることがほとんどです。


 

②転職エージェントとは

転職エージェントとは、転職したい歯科衛生士さんと求人を募集している歯科医院の間を取り持つ人たち(キャリアコンサルタント)のことです。

転職エージェントに所属するキャリアコンサルタントは、歯科衛生士からは希望や理想的な働き方を聞き、歯科医院側からは求める人材像を聞きます。

そして両者の希望が合いそうな場合に初めて仕事を紹介してもらえるのです。

歯科衛生士は自分に合う職場を探してもらえ、歯科医院側も選考する人材を絞り込めるのでお互いにとってメリットがあります。
 
また、歯科衛生士は面接対策や待遇の交渉まで幅広いサポートが受けられます。
自分では気が付かなかった特徴をエージェントが見出してくれることもあり、自己分析にも役立ちますし、無料で利用できるので転職を考えている人は一度話を聞いてみるのもいいでしょう。
 
注意点としては、転職エージェントを利用したからといって必ずしも希望求人に応募できるわけではないということ。

エージェントは応募者にスクリーニングをかけるのが一般的だからです。
「お金を払っている歯科医院からの信頼を得る必要がある」「入社後のミスマッチが起きないようにするため」などいくつか理由があります。
そのため、「この歯科医院に応募したい」と伝えてもスキルや経歴が歯科医院の求める基準に満たない場合は断られることもあります。
 
そうはいっても歯科医院の場合は求人倍率が高くないのでほとんどそのようなことはありません。
ただ、条件がよくて働きやすい職場であればあるほど人気は高くなります。

「歯科衛生士なら誰でもいつでも採用される」というわけではないので、それに見合う自分になる必要があります。

こういう転職サイトやエージェントには注意




次に、転職サイトや転職エージェントを利用する上での注意点をご紹介します。失敗しない就職活動を行ってください。
 

①営業やメールがしつこい

さまざまなサイトを利用してみたほうがいいとはいえ、闇雲にあらゆるサイトに登録するのはオススメしません。

やたらとメールが来て大量の求人を紹介されたり、不要なメールが届き重要な情報を見落としてしまうことがあります。

また、就職活動をしてた時期からしばらく経ったのに一回書いてしまった電話番号にしつこく電話がき続けることもあります。

営業メールや電話が多いと嫌になってしまうこともあるので個人情報を記載する際は気をつけましょう。
 

②人の入れ替わりが
激しいエージェント

エージェントを利用するときは、担当者との相性も重要です。

担当者のスキル次第でサービスの質に満足できるかどうか変わってきます。

転職を望む歯科衛生士がスキルの高いエージェントに対応してもらい、満足のいくサービスを受けるためには、まずそのエージェント会社自体が健全に経営されていることが重要になります。


人材業界は離職率が高い会社もあります。もしも入れ替わりが激しい会社だった場合、歯科衛生士からすると、入社間もない経験不足の新人が担当になってしまったり、担当エージェントが頻繁に変わってしまったりする可能性があるため、たまったものではありません。
 

③求人情報が出続けている
歯科医院は選ばない

「何年か前に就職活動していたときにもこの求人見たな」「ずっと求人情報でてるな」という医院を志望する場合は、少し慎重になったほうが良いかもしれません。

一概には言えませんが、求人情報が出続けてるということは人がなかなか入らないか、入っては辞めてを繰り返しているという可能性があります。

※もちろん、健全に成長と規模拡大を続けている歯科医院もあります!

絶えず人を採用し続けている歯科医院には、イライラしてる院長、面倒なお局の存在、いじめや派閥などなど…人が続かない理由がどこかにあるのかもしれません><
 

④条件の良すぎる医院は危険

条件の良すぎる医院は一見良さそうに感じますが、「人が続かないから条件をあげるしか方法がなくなっている」という罠が潜んでいます。

もしくは歯科衛生士の業務の範囲を超えた仕事をさせられる可能性も高いでしょう。
また、歯科医院側には安い金額設定にしていると他の求人情報に埋もれてしまうという悩みがあります。なんとか多くの求職者との面接までこぎつけたいので、サイト上には高い給与設定で表記し、実際にはそんなにもらえないなんてことも珍しくありませんToT

失敗しない転職サイトやエージェントの選び方




では、どうすれば自分にあった良い転職サイトやエージェントに巡り会えるでしょうか、、、

もちろんどの転職サイトにも必ず良いことが書いてあり、ネガティブなことは書かれていませんから、客観的な口コミ(やらせは除く)を調べたりする一手間が必要になってきます。
 

①本物の利用者の
口コミを調べる

多くの場合、利用者の口コミは、

「○○(転職サイト名) 口コミ」
とGoogle検索したり、

「○○(転職サイト名)」
でTwitterを調べたりすると、、

実際に転職サイトを利用した人の口コミや感想を見つけることが出来ます。

例えば、当サイトのデンタルハッピーの口コミを調べる場合は、
「デンタルハッピー 口コミ」とGoogle検索してみてください。

このように調べたときに、あまりに利用者の口コミが良くないという場合は、登録を避けた方が良いかもしれません。

※ちなみに、手前味噌ですが、デンタルハッピーでは一部の利用者様の感想を実名顔出しで掲載させていただいております(^^)


 
\これだけは必ず見て欲しい/
>>デンタルハッピー利用者の感想一覧
 

【POINT】「ランキング記事」は信用しすぎない

「歯科衛生士 転職サイト おすすめ」

などと検索し、

「歯科衛生士のおすすめ人気転職サイトランキングTOP10!」

といった趣旨のまとめ記事を読むのは、第三者が転職サイトを評価したり格付けしたりした客観的な情報が得られて良いのでは、、、

と思うかもしれませんが、
そういうまとめ記事を鵜呑みにしすぎるのは禁物。

そうした記事のランキング上位に紹介されている転職サイトが本当に素晴らしいサイトである場合は良いのですが、こういうランキング記事自体が「広告」である場合(つまり、お金を払えばどの転職サイトでもランキング上位になれる)も多いのです。
 

②合わないと思ったら
担当のキャリアコンサルタントを変えてもらう

・エージェント側の担当者がゴリゴリ営業をかけて来る、、
・私の転職よりも自身の営業ノルマを重視しているのでは、、
・イマイチ歯科業界の内情を理解していない気がする、、


先述の通り、求職者とエージェントは人間同士ですから、性格的に合わない人もいるでしょう。

それに求職者ファーストとは建前ばかりで、自分の考えを押し付けてくるタイプの人もいます。

不快な思いをしながら就職活動を進めるぐらいなら、担当者の変更を申し出てみてください。

もちろん、担当者を変えてもらうのはそれなりに負い目を感じるものですが、あなたが納得のいく転職ができるかどうかはより大事なことですから、遠慮してしまうのはもったいないです。

エージェントさんにとっても「担当を変えられた理由」というのがしっかり伝わり、受け止め、改善していくことが次なる成長の機会にもなるのです。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?

この記事をお読みくださっているみなさんが実現したいこと、それは

良い職場で幸せに働きたい

ただそれだけだと思います!

しかし、良い職場を見つけるためには、本当に良い転職サイトやエージェントと出会うことが最初の一歩なのです。

※信頼できるエージェントを利用したい方へ

私たちデンタルハッピーが責任を持って全力サポートしますので、まずはご相談ください。





 

歯科医院で歯科衛生士をしながら、歯科メディアにてライター・動画編集者としても発信活動中。

現場で働くからこそわかる、リアルな声をお届けします。

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223