担当制には向かないクリニックの特徴

担当制には向かないクリニックの特徴

28clips 3,722views

予防歯科に力を入れいている歯科医院では

衛生士担当制のクリニックが多いですが、

担当制に慣れ親しんだ歯科衛生士が転職時に

つまずきやすいポイントに関して



 
担当制のクリニックで衛生士が悩むアポイントの問題について





年中無休のクリニックや遅番・早番シフトになる

クリニックでは、担当する患者さんが希望する

いない日は別のスタッフが代わりに診る結果となります。




クリニックによっては、患者さんが歯科衛生士の勤務日に

合わせてもらう、歯科衛生士至上主義のクリニックも

ありますが、患者さんの希望する日にアポイントを

調整するクリニックが、今はまだほとんどです。





これまで予防で患者さんを長期管理して来た方ほど

ちょくちょく、別の歯科衛生士が自分の担当患者を

診ることに抵抗を感じる方は多いです。




しかし、この衛生士の嘆きに共感をしてくれる院長は

少ないです。。逆に不快感を示す人もいるほどです。

『常に自分の患者さんは自分で診たいって言われても、あなたのクリニックではないのに、何様なんだあせあせ(飛び散る汗)』と本音を漏らす院長もいるくらいですから。

 
 


自分の担当患者さんは常に自分で管理をして

行きたいと考えている衛生士であれば、年中無休や

勤務がシフト制になるクリニックはまず選択肢から

外した方が無難と言えるかも知れませんね。
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223