予防歯科:2つのアプローチ

予防歯科:2つのアプローチ

1clips 2,346views

予防歯科に力を入れているクリニックでも

患者さん主体での予防とクリニック主導と

大きく分けるとアプローチ方法は2つに分かれます。







患者さんにセルフケアを促す。




TBIは保険点数が少ないという理由から、

​時間を取れないクリニックが多いです。




しかし、予防歯科に力を入れているクリニックでは

TBIだけで時間を取ることもあり、患者さんが日々行う

適切なセフルケアが行えるようになる事を

一番大切に考えているケースが多いです。




そのためには患者さんの生活習慣を理解し、

悪習を改善する事が大切になります。





患者さんに本気で話を理解してもらう

必要性があるため、あえて自費でTBIを

行っているクリニックもあるほどです。








メンテナンスの来院を促す。
 
こちらのクリニックでは3ヶ月に1度程度の

頻度で通院してもらい、クリーニング主導で、

口腔内を維持していくという考えになります。



もちろんこのスタイルでも患者さんとの

コミュニケーションは求められますが、

ブラッシングや生活習慣の改善というよりは

患者さんがまた来たくなる(しっかりと来院を続ける)

関係性造りが重要になって来ます。





:こちらも併せてチェック!:
→ 本気で予防をするなら避けて通れない【生活習慣】



 
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223