アットホームなクリニック

アットホームなクリニック

作成日:2015/10/24 更新日:2020/05/19
13,479views
 
『理想のクリニックは?』という質問に対して【アットホームな雰囲気の歯科医院】を挙げる歯科衛生士は多いです。


しかし、求人サイト上で書かれている【アットホームなクリニックです】という触れ込みは怪しく、ちょっと勘ぐってしまうもの。。


本当にアットホームなクリニックと、実際はそうではないクリニック(フェイクアットホーム)の見分け方をお伝えします。


①、診療中の院長をチェック



患者さんに対して丁寧な言葉遣いで、優しく話かけている院長は多いですが、スタッフへの指示がぶっきらぼうで乱暴な物言いをする院長は【自分だけがアットホームなクリニック】だと思っている一人アットホーム型

社長

一人アットホーム型の院長自身は明るく、フランクなタイプが多いため、第一印象も良いため、リアルな雰囲気を把握するのは意外と難しいです。

 


②、見学時のスタッフ対応


見学者への対応がしっかりとしているクリニックは、見学をしに来た歯科衛生士に応対する担当スタッフが付くケースが多いです。

真のアットホーム歯科医院は、担当スタッフ以外のスタッフも、診療の合間に、ちょこちょこ話かけてくれる事が多いです。

ほとんど全てのスタッフと話すことができるクリニックはアットホーム系が多く、安心できる職場雰囲気であるケースが多いです。

指でOK採用は院長だけが決めていない!?



③、アットホームとは何なのか?


 
アットホームの言葉の由来は【@home】・・家にいるような雰囲気。

家族経営で親族が皆一緒に働いているようなクリニックは本来の意味ではアットホームと言えるのでしょうが、皆さんが求めているのは、そういうアットホームではないですよね?

働いているスタッフが仲良さそうでも、その空気感が自分に合わなければ、自分にとってはアットホーム(@home)とは感じられないでしょう。


 
あなたにとってのアットホームな職場とは、より自然体でいられる事ではないでしょうか?


・初対面でもスタッフや院長先生が話やすい。

・スタッフ同士の空気感が【自然】な感じ。

・各人が自分の仕事に集中できている。( リラックスして働けている )


あなたにとってはどんな雰囲気がアットホームだと感じますか?



>>自分にあった職場を探すコツ

あなたにオススメの記事

© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223