口腔内写真からクリニックを知る

口腔内写真からクリニックを知る

55clips 2,464views
歯科衛生士が口腔内写真を撮影する

クリニックは近年増えてきております。







どんな目的で口腔内写真を撮っているか?

ここからクリニックの考え方が少し見えます。





 
①、症例用として


症例発表用として口腔内写真を撮影。


ケース(症例)を選んで口腔内写真を

撮影することが多く、必ずしも毎回は撮りません。


院長だけが口腔内写真を撮っている

クリニックはこのケースが多いです。

症例を作っている院長のため、発表好きで

勉強熱心な学術派Drが多いです。





 
②、変化を継続的に記録するため

 
【予防志向】の強いクリニックに多く、

主訴以外にも口腔内全体の様子を

記録してゆく事で、状態が悪化した際に

過去に振り返り、原因の追究をして行きます。



予防歯科に特化しているクリニックでは

初診に必ず撮影するクリニックもあります。



 
 
③、モチベーションを上げるツールとして
 
 
術前・術後を患者さんに見せる事によって、

分かりずらい歯科診療をより分かりやすくする

目的で写真を撮っているクリニックです。



あくまでも説明ツールとしての利用なので、

一眼レフではなく、コンパクトデジタルカメラや

ハンドピース型のカメラを使用する事も多いです。



この様なクリニックのベースにある考え方は、

より歯科への関心・興味をもってもらう事を

大切にしていると考えて間違いないでしょう。
 
loading...
© デンタルハッピー since2008