スウェーデンでの予防歯科

スウェーデンでの予防歯科

91clips 12,143views

近年スウェーデンスタイルを実践している

クリニックが増えてきたように思います。
 







 
 
予防歯科=スウェーデンと良く耳にはしますが、

一体どんな取り組みをしているのでしょうか?
 





 
 
日本の予防歯科と比較してみます。
 
 
 
 
日本
 
 
初診時や主訴改善後に検査を行い治療します。
治療後は定期メンテナンスに通ってもらい、

カリエスが見つかれば、再度Drが対処していく


やり方が多いと言われております。
 
 
 
スウェーデン
 
 
TBIなどを徹底的に行い、
どう改善すれば虫歯や歯周病を

未然に防げるかということを話し、

患者さんに徹底してケアをしてもらう。
 
 
 
つまり、患者さん自身で

自分の歯を守る

意識付けをして、そのための方法を

伝授するという考え方です。
 





 
 
スウェーデンでは予防歯科は、

国家を挙げての取り組みとなっているため

国民の理解度も非常に高いです。
 
※ どこの歯科医院に行っても同じ考え方や、やり方のためカリエスが見つかる事の方がめずらしいレベルと言われております。
 
日本でスウェーデン式をベースに

診療しているクリニックが、

歯科衛生士に求める仕事内容の一つは
 
 

 
 
徹底的に患者さんとお話しする!
そして患者さんの生活習慣や

ブラッシング法のどこが悪いのかを突き止め、

正しい生活習慣を患者さんに伝え、

虫歯や歯周病にならない様にする。
 
 
 
そして、定期的に来院してもらい、

安定した状態を経過観察して行くのが、

歯科衛生士の役目となっているのです。














定期検診時にカリエスが見つかる様では、

予防歯科と言えない!


というのがスウェーデン式の考え方です。
 
 
 
 
loading...
© デンタルハッピー since2008