イライラしやすい院長を避ける術

74clips 7,058views
多くの衛生士が苦手な感情的になる院長

歯科業界には結構多いです。


 
心理学的に言われているのは怒鳴る、怒ることが多い人は、自分の思い通りにいかない事に対して、恐怖心で相手を動かそうと考えているケースが多いそうです。
 


これは育って来た環境(親の教育)が影響してる事が多いため、簡単には変わらないです。
 
 
 
どうしても感情的な院長が苦手な歯科衛生士は、クリニックを探す際は下の3点に気をつけましょう!
 


 
 
①、おとなしい先生を選ぶ

大人しすぎて、スタッフとのコミュニケーションが充分に取れていないDrも多いので、その点は注意が必要です。
 
※ 全く別の問題が発生してくる可能性が高いです。




 
②、見学の時間を長くする
 
入社前に半日~1日体験入社をしてみると、診療中の院長の対応がしっかりと見れます。忙しくなってきた場面でどう対応しているか?も見ておくと、心配ごとは少なくなります。
 
 



 
③、スタッフにこっそり聞く

 
これは一番確実かもしれません。いきなり、『院長って怖いです?』と聞いても失礼ですし、おそらく本音の意見は出ずらいです。。
そんな時は・・


『 患者さんとして、通いたいクリニックですか? 』
 
 と聞いてみると、意外と色々な視点から話を聞けることが多いですよ。
 


結論として、見学時間は長めにとっておく!見学を希望をして、見学させてもらえない所は論外として候補から外した方が良いと言えます。



イライラしやすい院長の下で働いている衛生士の対応策はコチラ。
 
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223