衛生士でも増えてきた年俸制のメリット

衛生士でも増えてきた年俸制のメリット

44clips 4,003views
年俸制とは12ヵ月分の給与と

ボーナス支給額を全部合計して、

12で割った給与額を毎月支給する方法です。





ボーナス後に院長へ退職の意思を伝える必要がなくなる!?
 
 


ボーナス前に退職希望を伝えるとボーナス額が少なくなる、

という事実は確かに歯科業界に存在します。








もちろん突然辞められると、クリニック側も困るので、

近年増えてきている制度が年棒制なのです。







※例えば月給25万でボーナスが
年間で基本給(20万)の2か月分だとすると、


24×12+20×2=328万

これを12で割る →→ 340÷12=28万円



結果、月に28万円を支給され、
ボーナスはなしというパターン!!
 








衛生士側のメリットは、いつ退職しても

ボーナスをとりっぱぐれる事はなく、

時期を気にせず転職活動が出来ます。





クリニックにとってもボーナス支給のために、

資金をストックしておく必要もないのです。






最近導入を始めているクリニックも多いですが、

今後広まる可能性は高いです。


指でOK 間違えやすいボーナス・賞与の確認すべきポイント>>
 
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223