歯科衛生士の給与:新卒~4・5年

歯科衛生士の給与:新卒~4・5年

30clips 10,516views

歯科衛生士は新卒でも平均21~23万円の月給がもらえ、20代前半の給与設定としては数ある職種の中でも高収入の部類に入ると言われております。

特に関東・関西エリアは2017年頃から給与設定のベースが上がり続けており、このエリアは平均23−24万円になっております。

※ 4年制大学卒業時の平均月給が21−22万と言われており、さらに就活先を見つけるのに苦労を伴いうので、この点だけを見るととても恵まれておりますね。




入社後は多くのクリニックで、年間5000円ほどの昇給があるので、同じクリニックで続けている方は、衛生士歴3-4年目には24~25万になる事が多く、25歳前後でこの水準は他職種と比べても良い水準と言えます。

※ 3~4年目の大手銀行員の平均年収が300万円~330万円と言われております。

 

参照:高額な給与設定の裏側を探る:歯科衛生士の給与実態




求人をしょっちゅう見ている人ほど、『月給25万円以上の所に絞る』など給与設定にボーダーラインを定めて求人探しをしてしまいがちですが、歯科衛生士の仕事は辞めてしまうたびに損をする構図になっているので、安易に給与額にボーダーラインを定めるのは注意が必要です。


 





歯科衛生士として、周りと比べて一番違いが出てくるのは、衛生士歴7~10年目と言われております。
歯科衛生士の「転職サポート」あなたに合った求人を絞り込む:プロに相談してみる
loading...
© デンタルハッピー since2008
厚生労働省認可:13-ユ-309223